« 2010年2月 | トップページ | 2010年10月 »

ヴィーナスとクピド

Baudry_paul_venus_jouant_avec_lamou

ヴィーナスとクピド 愛
ポール・ジャック・エメ・ボードリー
(Paul Jacques Aimé Baudry

ポール・ボードリーの奇妙な作品。母ウェヌス(ヴィーナス)とクピド(キューピッド)が愛に戯れているかんじ。クピドとウェヌスは「鏡のヴィーナス」、「鏡をみるヴィーナス」でもペアで作品に描かれてます。

La fleur eternelle
鏡のヴィーナス The Rokeby Venus

ウェヌスといえば4月はウェヌスのお祭りの月だそうです。

KAFKA
4月の寓意 オウィディウス「祭暦」 から

ブロンズィーノの「愛の寓意」を思い起こさせます。

母ウェヌス(ヴィーナス)と恋愛ごっこをしているクピドも、プシュケに恋をします。そのときのウェヌス(ヴィーナス)の嫉妬といったら!

Art  de Vivle
モーリス・ドニ クピドとプシュケ の物語 連作

ブロンズィーノ「愛の勝利の寓意」(1545)はプラトンの饗宴で語られる「エロス(愛)とはなにか」を問いかけてるのかな。

An_allegory_with_venus_and_cupid

クピドのアトリビュートの矢をもち、ウェヌスの手にはパリスの審判で手に入れた黄金の林檎?勝利を象徴しているのでしょうかね。

でもこれを聖母子像とみると、手に受難の柘榴を持っているようにも。子離れできないウェヌスを母に持つなら「受難」といっても過言ではないですよね。

ポール・ボードリーのウェヌスもしっかり息子の矢を握っています。つがいの鳩に、アプロディーテーとして誕生したときの貝殻。ブロンズィーノは、「欺瞞」の擬人像の「少女」の下半身は、龍のような爬虫類。ライオンのような脚。手には蜂の巣と蠍。コワイ!

手前には二つの仮面。うしろには「時の翁」がいて愛の本当の姿を「時」の手で暴こうとしています。ほら、カーテンを引くように。

なんだか死(タナトス)が隣にいそうな気配。そこでエロス(愛)にっていくわけですが、ちょとと待って。知っている方が多いですが、今一度。たいていクピド=エロス神としているんだけど、エロスって女神ガイアの子で、ウェヌス(ヴィーナス)と軍神アレースの息子がクピドなんですよね。でも同一視しているわけですよ。

Adonis_led_by_cupids_to_venus

そうしてプラトンの「饗宴」の宴では、「エロス(愛)」についてみんなが語り合うというか演説をはじめます。

「イデア」や「悟り」、「肉体愛の是非」、「少年愛」などたいていの皆さんは哲学を学んてきたと思いますので「饗宴」の内容は知っていると思います。

困窮と満足の中間に位置するエロス(性愛)のほかフィリアは隣人愛、アガペーは神的愛、そしてウェヌスとクピドの間といえばストルゲー(肉親愛)もあるんですね。饗宴ではタブー視の「少年愛」までもでてきました。

価値的愛のエロスは、男女の愛だけではなく国家のイデアを形成するものまで到達し、少年愛は教育と置き換えます。

RE+nessance
プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話
こちらはルーカス・クラナッハ(父)のヴィーナスとクピドをたっぷり掲載しながら、ヘルメス(メリクリウス)とアプロディーテー(ヴィーナス)の子で両性具有のヘルムアプロディティの話しに及んでいます。

そうです、そうです。心理学では「昇華」や「置き換え」なんて言葉がありましたが、物事の欲求をどう昇華、置き換えするのか、ということが制御の役割になるっていったほうがわかりやすい、私にはです。

もっと簡単に考えると、結婚と出産による子孫繁栄が、国が繁栄する本質につながります。繁栄のイデアが存在してるんですよね。

エロス(愛)とはそういうものなんですって。ソクラテス万歳のプラトンの饗宴からの答えでした。

Januarius_zick_amor

ヤヌアリウス・ツィック(Januarius Zick)のアモール(クピド)です。知っている人はごめんなさい。

アモル(アモール)ともクピードともいうエロースですが、武器で遊んだり、弓を削ったりしているエロスが描かれている作品ありますね。あれは愛の力で武装を解除させる意味があるそうです。

ボッティチェリのクピドは目隠しされていますが、愛は盲目だけではないようですよ。

ボッティチェリ La Primavera 「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説

このクピドの大敵は女神ディアナとミネルヴァ。純潔を象徴している女神たちです。ときどきお仕置きをされるそうです。

そうしてこのクピドのアトリビュートは矢のほかに矢筒、弓、下向きにもつ松明で、ヴァニタス(はかなさ)を示しているのですが、儚さとは快楽のことだということ。

動物は4頭の白馬か山羊。性欲の象徴だそうで。

普遍性の象徴として球体を持っている。プラトン的に終わることができました。

| | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年10月 »