« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »

シシ 皇后エリザベート

Sisi楓さんがマリー・アントワネット、ポンパドゥール夫人と記事を書いていましたが、とうとうエリザベート皇后をアップ。

シシと呼ばれるこの皇后、楓さんも、トラバされていた方の記事も、シシには厳しい見方に思わず吹き出しました。笑いをです。

シシがもう少しあとの時代に誕生したらよかったという歴史家の話もあります。

シシのような家庭放棄がいまの時代でも自立した女性とはいえませんよね。

結構シシは擁護されているような気がします。自立できなかったから心の病に侵され続けのかなと私は感じていますけれど。

シシは奔放に育ちますが、洗練された父親バイエルン公マクシミリアンとバイエル王女として生まれた母親ルートヴィカ夫人のもとで育ちます。

350pxludovika_en_max_van_beieren

この作品に描かれている二人がシシの両親。詩と旅を愛する父マクシミリアンと同じ旅人(放浪の人)の道を選んだシシ。

この下はシシとそして弟のカール・テオドール。一番仲がよかったようです。

Sissieirmo

シシは皇后として結婚するべきではなかったと思いますが、国民からの人気は絶大。でも彼女の浮かれたおままごとは自分だけではなく650年のハプスブルク家に翳りをもたらし、結果は一族が絶える運命となります。

Retrato_en_grupo_de_los_hijos_e_hijas_d

シシの兄弟たちが左からゾフィ、マキシミリアン・エマニュエル、カール・テオドール、ヘレーネ、ルードヴィヒ、マティルデとマリア(ヨーゼフの姉妹)らがヨセフ・カール・シュティーラーによって描かれています。

Sisi_02

こちらがエリザベート皇后(シシ)と皇帝フランツ・ヨーゼフです。下の画像が大きくなります。

Elizabethpro_a

シシとヨーゼフのツーショットは少ないんですよ。上と下のフランツ・ヨーゼフの服装は同じですね。

Sisi_04

こちらはシシを囲んでフランツ・ヨーゼフの家族たちが描かれています。くわしいしシシの物語やシシと姑ゾフィー大公、そして運命の「わたしたちは皆変死する」という行く末は、楓さんのブログを読んでみてください。

Fotoaustriasissi楓さんの記事
黒衣の皇后 エリザベート
肖像画もかなりあり。長文です。

うさぎ穴の少女さんの記事
エリザベート皇后
楓さんの肖像画とダブりがないので楽しめます。

| | トラックバック (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »